Press_Shiage640

(C)小杉和裁製縫

(C)小杉和裁製縫

着物の丸洗い、しみ抜き、洗い張り、紋入れなどをお取次いたします。

[ 着物のお手入れ知識 ]

  • 絹の手入れの仕方
    絹はカビやすい、生地が縮む、シワになりやすい、すれを起こしやすいなどの特徴があります。お手入れは専門家にご相談ください。
  • シミがついてもあわてて擦ってはいけません
    擦ると生地に”すれ”ができたり、汚れが折り目に入ったりします。基本的に水性のシミは水性の溶剤で、油性のシミは油性の溶剤で落としますが、できれば触らずに専門家にご相談ください。
  • ガード加工をしておけば汚れても安心
    汚れてしまってからでは大変です。ガード加工をおすすめします。タンスに眠っているきもの・帯・毛皮・スーツ・ドレスなど天然素材ならすべてに効果があります。
  • 着る前の手入れ
    着用前日にはシワのばしのため、ハンガーに掛けて置きましょう。きついシワにはアイロンがけをしますが、
    1.スチームは使わない(絹は湿気に弱い)
    2.アイロンでこすらない(生地にてりがでるため)
    3.金箔や刺しゅうの上にアイロンあてないように注意してください
  • 着た後の手入れ
    きものハンガーなどに掛けて風を通します。シミやファンデーションによる衿の汚れなど全体をチェック、汗をかいた時などは特に気をつけてください
  • 正しい保管方法を知ってください
    きものは湿気をきらい風通しを喜びます。春秋の湿気の少なく、よく晴れた日に「かげ干し」して風を通してください(昔から「虫干し」と呼ばれています)。
    また、防虫剤ですが、絹のきものはウールほど防虫剤を必要としません。きものに直接置かず、引出しの隅に置くようにしてください。

Press640

お気軽にお問い合わせください。0166-52-3550受付時間 8:30-17:30 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。