小杉和裁製縫

(C)小杉和裁製縫

着付けとは、きものを身につけること、また着付けられた状態をいいます。

日本では平安中期以降、貴族の間で装束の仕立てが大きくなるにともない、自分で着られなくなり、着付けることが行われました。

また、能や歌舞伎においても、特殊な舞台衣装を着るため、特別な着付けが行われてきました。

今日、着付けとは、下着から上着の着方、衿の出し方、帯の締め方まで、きもの姿を美しく整えるためのすべてを意味します。

小杉和裁製縫では、ご自宅で着物が着けられる「着付け出張」を承ります。また、ご自宅で「着物の着かた」をお教えする出張もさせていただいております。

お気軽に電話やメールでお問い合わせください。

kituske640

お気軽にお問い合わせください。0166-52-3550受付時間 8:30-17:30 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。